2017年5月13日土曜日

5月 13日(土) くもりのち雨 消費税・任意の中間申告書をご存知ですか!

 皆さん ご存知でしょうか!
 今年消費税申告で納税額48万円以下の事業者が、任意に中間申告(年1回)を提出する旨を記載した届出書を税務署に提出することによって、中間申告・納付することができる制度が2015年分(平成27年分)からスタートしました。

 「任意の中間申告書を提出する旨の届出書」の提出期限は6月末日です。制度適用した場合「中間申告・納付」は8月末日となります。

 又、今年消費税申告で納税額48万円超の事業者は中間納付しなければなりません。そこで「仕事の発注が少ない」「昨年より売り上げが減少している」などの声が聞こえてきています。こういう時は仮決算を行って計算した中間申告・納付することもできます。そして「換価の猶予申請書」の提出も併せて検討することが大切です。

 一人で悩まず、民商の支部の仲間と相談しましょう。民商は「みんなで集まって、話し合い、相談し、助け合って、励まし合いながら営業と暮らし、そして健康の向上を守る」ことを活動の基本としています。

 魚沼民商だより(5/15付)より掲載

2017年5月6日土曜日

5月 6日(土) 雨 小規模事業者持続化補助金の申請募集は今月末まで!

 4月14日、中小企業庁は平成28年度第2次補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」の追加募集を開始することが告知されました。
 申請期間は4月14日~5月31日の期限となっています。補助率は補助対象経費の3分の2以内。補助上限額は50万円です。
 今回は「60歳以上である場合には以下の『事業継承診断票』を提出いただくとともに、後継者候補が中心となって取り組む事業を重点的に支援します」と事業の目的・概要が示されました。
 早速、中小企業庁にこのことを問い合わせたら「支援の重点はその通りですが、制度は今まで通りですので、なんら変わりません」と回答が得られました。
 皆さん、この制度を活用して商売を伸ばしましょう。

 魚沼民商だより(4/24付)掲載  ※若干の補正加筆あります

5月 6日(土) 雨 換価の猶予(納税緩和措置制度)を活用!

 小千谷税務署へ「換価の猶予」申請書を提出してきました!

 4月17日、飲食店を営む民商会員上村さんは(消費税額を8回分納するために)換価の猶予申請書を小千谷税務署に提出してきました。申請書は換価の猶予申請書、財産収支状況書の2通で、作成するに当たって2回程打ち合わせを行いました。
 当日は申請書の提出の他に、預金通帳等の書類提示は求められませんでした。面接には30分を要し、商売の現状を詳しく話したり、書類では「財産収支状況書の財産等の状況」の記入欄を聞き取りで埋めました。
 署員から「これで良いでしょう。この時期は申請数が多いので、結果通知は約3か月位はかかでかかるでしょう。3回分の納付書を渡しますので納付計画通りに納めてください。今日はお疲れさまでした」と無事終了致しました。
 上村さんは「いやぁ~。頭が軽くなって良かった。意外とスムーズだった」と感想が述べられました。

魚沼民商だより(4/24付)より掲載    ※若干の補正修正あり 

2017年4月8日土曜日

4月 8日(土) 晴れ 一括で税金が払いきれない時は猶予制度を活用しよう、「猶予の申請」学習会を開きました!

過去のニュースを紹介します。

3月22日、民商事務所において、一括では払えきれない消費税・所得税について、申請型「換価の猶予」を学び合いました。
 副会長から主催者あいさつを行い、その後事務局員から「制度のあらまし」「財産収支状況書」「換価の猶予申請書」(書き方)の説明を受け、参加者から色々な質問が飛び交いました。「申請書の提出期限はいつまでですか?」「財産収支状況書の書き方で、事業の収入と支出、そして事業以外の収入と生活費をどう記載するの?」等、きめ細かい内容が話し出されました。また「店舗の返済だけで無く、住宅ローンの借入もあるから、税金を一括では納められないことがよくわかる」ことも話し出されました。
 最後に、今月中に提出書類を完成させ、4月上旬頃に提出することを確認しました。

 魚沼民商だより掲載(3/27付)

2017年1月26日木曜日

1月 26日(木) 晴れ 2017年魚沼民商 新春の集い&生業を語り合う交流会が盛況に行われました!

 魚沼民商は「2017年 新春の集い&生業(なりわい)を語り合う交流会」を開催!
 
 小規模事業者持続化補助金申請をもとに、実績のある中沢副会長(旅館業)を中心に生業を語り合う交流会が行われました。

 まず中沢副会長(※平成26年度補正「小規模事業者持続化補助金事業」の採択者)から補助金申請の説明と自らの体験を語り、その後フロアの皆さんと双方向で交流しました。
 参加者から「ホームページ作成でこの補助金申請に挑戦しています。今月27日が締切です」(家具販売修理業)、「職人が減ってきています。取引先から『貴方しか出来ない仕事です』と言われ、皮革靴製造の仕事が切れることがない。(そして)微増ですが年々売上が伸びている」(皮革製品製造業)、「浦佐スキー場が出来ると同時に宿をはじめました。当時『浦佐スキー学校は日本一』でとても有名で自分もスキーヤーでした。6年前に浦佐スキー場は閉鎖となりましたが、今でもその当時のスキー学校の繋がりから、全国のお客様が来ていただいています」(旅館業)など、経営計画書の項目「自社や自社の提供する商品・サービスの強み(※具体的に、同業者との差別化。自分の強み。努力していること)」をもとに積極的に発言され、とても有意義なものとなりました。
 さて交流のなかで、中沢副会長から「自分は2度目の挑戦で補助金を獲得することができました。ここで大切なのは経営計画書を作成することによって自分の営業を見直す良い機会となりました。ぜひ皆さんもやってみて欲しい」のひと言がとても印象的でした。
 そして新年会では、各々の支部から新年の抱負が語られました。

 魚沼民商だより(1/30付け)掲載

2016年11月14日月曜日

11月 14日(月) くもり 緊急告知  市民連合@新潟共同代表 佐々木寛さんを迎え、うおぬま市民集会を開きます!

緊急告知

うおぬま総がかり実行委員会は市民連合@新潟共同代表の佐々木寛さん(政治学者・新潟国際情報大学教授)を迎え、「参院選、知事選を通じて野党共闘と市民の力で、安保法制を実施させない、廃止を目指すためにどう行動すべきか」を学び、今後の活動に活かす市民集会が開催されます。日時と会場は下記の通りです。多くの皆さんからのご来場をお待ちしております。

日 時   11月28日(月) 午後7時00分
会 場   小出郷福祉センター(魚沼市)
講 師   佐々木 寛さん (政治学者・新潟国際情報大学教授)
参加費   500円
主 催   うおぬま総がかり行動実行委員会

2016年11月9日水曜日

11月 9日(水) 雪 商売を語る交流会が盛況に開かれました!

 11月6日、南魚沼市(旧六日町)の民商会員の宿にて、カリスマ経営者・夜オリ仕掛人の岩沢さん(上越民商 建設業・飲食店)を迎え、商売を語る交流会が盛況に行われました。
 岩沢さんは、今年9月18、19の両日、静岡県掛川市で開かれた全国業者青年交流会「俺よりスゴい奴に会に行く! みんなで話せばもっと伸ばせるだに」(テーマ)のシンポジウムのパネリストとして大活躍した方です。そのスゴい方からお越しいただきました。
 今交流会は、岩沢さんから講演をいただき、そのままパネルディスカッションへと移行しました。   
 ほかのパネリストとして、今井さん(建築)、中沢さん(旅館)、髙橋さん(自動車鈑金塗装)の3人から登壇していただきました。

 まず講演から「20才に建設業に勤務し始め、26才で独立開業。そして交友関係が広いことから上越市の繁華街によく足を運んでいました。仲間からこんなにお酒が好きなら『自分のお店を持ったら!』のひと言で、開業することになり、飲食店の開業手続きで民商に入会しました」と、度胸のいいステキな話しから始まりました。そして商売人と経営者との違いとは「商売人は『俺が、俺がの世界』、しかし経営者は『従業員に教え育て、人を信頼しながら、経営者として育てる。責任を持たせることによって人は成長していく」と実践に伴った説得力のいある話しでした。このことは経営分野だけではなく、人との繋がり(結びつき)、また民商運動そのものを考えさせる中身でした。

 続いて今井さんからは「23才から親父と一緒に仕事を携わり、14年前に父が亡くなり事業継承しました。父の繋がりの仕事が減少し始め、これではいけないと思い、地域・子ども・学校関係等との結びつきを強め、社会にものすごく貢献し、このことが仕事確保するうえで大きな財産となりました」、そして住宅リフォーム補助金については「民商が住宅リフォーム補助制度の創設に大きな力を発揮してきました。自分は民商の良さを会外にアピールしている」と強調していました。

 そして中沢さんからは「20年前に故郷に戻り、仕事を探していましたが、親の代から続いている旅館業を引継、建物を新築オープン今日に至っています。昨夏、国の制度・持続化補助金採択事業者に選ばれました。『専用スタジオで音楽合宿 ロッヂ〇〇〇』パンフを作成し、顧客拡大に挑みました。補助金申請書類を作ることによって、事業を見直すきっかけになりました」と話し、「面倒くさいを乗り越えることが大切」とも強調していました。

 最後に髙橋さんから「商売の出発は金儲けがしたい、人に使われるのがいやだったからでした。25才に車のクリーニングから始まり、28才には会社の暖簾分けしてもらい、今の工場を借金して建てました。色々な人との繋がりで沢山の仕事をさせていただいた。とても感謝しています。商売をしていなければ今の生活はない」と話し、「昔は待ちの商売でしたが、今では行動を起こすことが大切」とも強調していました。

 パネリストの発言後、フロアとの意見交換が行われ、時間が足らないほどの盛り上がりとなりました。

 参加者から「年だと思っていたのですが、前向きに頑張ろうと思います」(左官)、「いい話しが聞けました。仕事に活用したいと思います」(旅館)、「青年の民商を育成していただければ有りがたいと思います」(建築板金)など、「今日参加して良かった」「今後もまたやって欲しい」と、多くの感想が寄せられました。

魚沼民商だより(11/14付)より加筆修正等あり